知って得する! 何でも情報屋
   
  >> ホーム
  >> RSS1.0
FC2カウンター

現在の閲覧者数

アクセス数

プロフィール

anyagi

管理人:anyagi
ホームページ
メールアドレス
anyagi@hotmail.co.jp

掲示板

雑談掲示板
連絡掲示板

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

商品情報

iconicon Core2Duo + 高速グラフィックカード搭載の3Dノート! icon

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 WinMX:ツール編
今回は最低限必要なモニターを紹介。

MX Monitor
共有数や、速度、その他自分が特定したユーザーを自動で無視したり、
互いにキューを入れあっている場合、互いに自動でアップダウンロードが始まったりする。
様々な機能がついており、MXを使う上で必要不可欠なツール。

導入方法
まず、MX本体を起動させ、上記のサイトからファイルをダウンロードし、適当なフォルダに解凍。
28.jpg
○で囲まれているのを起動させるとこのような画面が出てくる。
次に文字通り、MX本体を指定。3.54でも可。
29.jpg
するとこのような画面が出てくる。
30.jpg
次回からはMX本体を指定する必要はない。今後はMXを起動させる前後にこれを起動させる。
起動させたあとは特にいじる必要はなく、最小化させておけばよい。

なお、UL0ツールを使用するとあまり相手にされなくなるのでお勧め出来ない。
スポンサーサイト
P2P情報 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:1
(2007/03/29(木) 18:34)

 WinMX:基本設定編
なんか間空いちゃったなぁw普通に忘れてたよ。
今回はMXの基本設定編。

まずはMXを起動。もちろん前回の地点で日本語化なっているので、
表示形式の言語設定する必要はない。万が一なっていなかったら設定しよう。
(英語でlanguageとわかりやすく表示されてる)
起動して、○で囲まれてるボタンを押すとこのような画面が出てくる。
19.jpg
画像では未接続だが、実際は起動すると自動で接続になる。
なお、設定ウインドウの左隣の接続タイプというのは、
普通は下の「ネットワークに直接接続する(親)」を選ぶ。
上の「ネットワークに二次的に接続する(子)」は、プライベートIPなどで、
主にポート開放できない出来ない人が選ぶもの。
ケーブルテレビやレオネットなどが代表的。ケーブルテレビの場合、
プロバイダに申請すればグローバルIPに変更が出来る。

表示形式は初期のままでも問題がないので上の画像のインターネット接続から。
まずは上の画像で表示されている接続タイプ。これは自分の環境に合わせよう。
外部へのTCP接続は、ほとんどの場合が「プロクシサーバーを使わない(直接接続)」
外部からTCP接続は、ポート開放できる場合、「ポート~~~でTCP接続を待つ」
ポート開放の手順はルーターやプロバイダによって様々だが、
一般的なやり方はShare簡易解説:基本設定にて紹介している。
UDPパケット送受信においても同様。
ホスト名解決(DNS)は特にいじる必要はない。

次にWinMX Peer Network
20.jpg
ほとんどの場合はこの画面通りの設定。ただし、PCが詳しい人なら下の項目を変更することも可。

OpenNap Networks
21.jpg
デフォルトのログイン名以外はいじる必要はない。

受信メッセージとプライバシー
22.jpg
これもほとんどの場合はこれが普通。

チャットは特にいじる必要なしで、検索
23.jpg
画像のところを圧縮に変えると一番検索数の多い3つの拡張子が並ぶ。

ファイル転送
24.jpg
変更ボタンでダウンロードフォルダを設定。あとは画像どおりでよい。

最後にその他の設定。ファイル転送からその他の設定までの間は特に設定する必要なし。
25.jpg
これも画像通りの設定が一番よい。

次に共有ファイルの設定
26.jpg
共有ファイルのボタンを押すとこのような画面が出てくる。
○に囲まれてるボタンを押し、共有するファイルが詰まったフォルダを指定。
複数フォルダを指定することも出来る。
また「共有するファイルタイプ」ボタンを押すと、このような画面がでてくる。
27.jpg
とりあえずこれにはすべてチェックを入れる。
ほとんどないが、それ以外の拡張子のファイルを共有している場合、
「その他の共有するファイルの拡張子」に拡張子を入力する。

あとはShare同様、使って覚えるよう。次回はツールを紹介。
P2P情報 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:1
(2007/03/28(水) 15:24)

 WinMX:インストール編
今回は新しくWinMXを紹介。
Shareとは対照的に1G以下のファイルのダウンロードに優れており、
100M以下のファイルのダウンロードに最適である。
Shareと違って交換性の要素もあるのでよりファイル共有が重要になってくる。
またShareより危険なファイルが多いので、よりウイルス対策とダウンロードする時の警戒が必要になってくる。

まずは以下のサイトからダウンロードする。
http://www.winmxgroup.com/
(Download WinMX Now! でダウンロードする)
保存するを選んだ場合、保存先フォルダにこのようなファイルが保存される。
15.jpg

とりあえず、インストール中で英語で訳が分からない内は、
適当にNEXT、NEXTと選んでインストールを進める。
ただし、インストール先のフォルダだけはきちんと設定しよう。
その後、日本語化テキストをダウンロード。
japanese - 3.53.txt
これを右クリック→対象をファイルに保存でダウンロードされる。
WinMX Wouldより)
このテキストファイルをMX本体をインストールしたフォルダに保存する。
これでMXは日本語化され、設定・使用が出来るようになる。

次回は設定方法を紹介します。
P2P情報 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:1
(2007/03/23(金) 17:09)

 Share簡易解説
今回は基本設定以外の解説を一気に解説を載せることに。

ノード
まず、こちらのサイトのノードをコピーしよう。(NTバージョン用のノードもあり)
http://www.stereoz.net/node/
その後Shareを起動し、ノード→ノード追加(○に囲まれてるとこ)で、
コピーしたノードを貼り付けし、追加ボタンを押す。
14.jpg
すると、この画像のようにSleepと表示されたものが沢山出てくる。
これでファイルのダウンロードが出来るようになる。

クラスタ
設定→クラスタ設定で、自分が欲しいファイルのジャンルを最大5つ指定する。
ノード設定で出てきたクラスタで頻出しているものが有効。
あとはマイナーでほとんど見かけないクラスタでも、
自分が欲しいファイルのジャンルに適するものならドンドン指定しよう。
ほぼファイル名と同じでもよい。寧ろそうでないといけない。
主にこの5つの指定は
  • ノード設定で頻出するクラスタワードで自分が欲しいファイルのジャンルにも適するもの
  • 上記と同じもの。上記よりは頻出度数は落ちる。
  • 頻出数はないものの、とりあえず欲しいファイルのジャンルに適するもの
  • 自分が欲しいファイル名
  • 自分が欲しいファイル名(大抵は二つ以上微妙な差だが呼ばれ名がある)
    となる時が多い。この辺は自分で応用しよう。

    フォルダ
    フォルダ→フォルダ追加でキャッシュ、アップロード、ダウンロードそれぞれのフォルダを指定する。
    キャッシュについてはほっとくとどんどん溜まるのでクォータを設定しよう。
    これを設定すると、設定した容量以上キャッシュファイルが溜まらなくなっていく。
    設定した容量を越すと、古いキャッシュから削除されていく。

    これで基本的な設定は終わり。後は自分で覚えよう。
    今後、Shareについては超スローペースで紹介することに。
    とりあえずプラグインから紹介していく予定。
  • P2P情報 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:1
    (2007/03/22(木) 17:24)

     Share簡易解説:基本設定
    以前の記事で「詳細は↓のページで」なんてことを言いましたが、
    それじゃここの存在価値がなくなるので簡易解説を作ることに。
    今日は基本設定について。後々適当になってるけどw

    基本設定
    まずShareを起動。
    設定→基本設定を選ぶ。
    各タブのチェック項目は全てチェックつけておこう。
    7.jpg

    まず最初にデフォルトIDの設定。文字通り設定を押す。
    8.jpg

    ニックネームとトリップ生成文字は同じでもいい。
    キー生成というボタンを押すと○で囲まれてる部分の記号が変化する。
    ニックネームとトリップ生成文字が決まったら追加を選び、そのままOKボタンを押す。

    次に今設定したプロファイルの隣のタブのネットワークを設定。
    9.jpg

    最大送信速度と最大受信速度は共に10000KBで問題なし。
    ポート番号は自分が覚えやすい好きな番号にしよう。
    ポート開放についてはウイルス対策ソフトやルーターによって異なるが、
    通常のWindowsXPでのやり方は以下の通り
    スタート→コントロールパネル→ネットワークとインターネット接続
    →Windowsファイアフォール→例外タブ→ポート追加
    でこのような画面が出てくる。
    10.jpg

    ○で囲まれてる部分は上記で設定したポート番号
    TCPとUDPの設定についてはバージョンがEX2ならTCP、NTならUDPにする。
    NTは07年03月19日現在まだ利用者が少ないので、今のところEX2が主流。

    次のその隣のタブのパフォーマンスの最大キー保持数は10000に設定して、次のアクションタブへ。
    アクションタブのチェック項目は基本的に全てチェックつけておこう。
    最後のクォータタブも、削除サイズ1000、削除実行サイズ100。

    基本設定はこれらは大体これでOKだが、飽くまで管理人の設定なので
    細かい設定をしたい玄人さんは自分に合った設定をしよう。
    P2P情報 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
    (2007/03/19(月) 18:49)

    次のページ
    copyright © 2005 知って得する! 何でも情報屋 all rights reserved.
    Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。